野外劇&仮設劇場「水族館劇場」のテント芝居・構築リポート <2008-2012>

故郷喪失展の最近のブログ記事

故郷喪失展

古書信天翁 水族館劇場2011秋移動公演『公然たる敵 -ロストノスタルジア-』にともなう企画展『故郷喪失展』が古書信天翁にて始まりました。(2011.11.20〜26)
「故郷喪失展」始まりました!水族館NEWS
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/11/post-53.html>


水族館劇場の専属カメラマン KUMAさん、千代次さんのご家族で幼いときより水族館劇場を見つめ続けた鈴木遊さんが撮影された水族館劇場とさすらい姉妹の 50点近い貴重な未発表写真展。(拙ブログの写真からも何点か展示して頂きました)
2010年に亡くなられた 3人の劇団関係者の映像と写真展。
宮井雅仁さんは、桃山邑さんとともに大八車を押して筑豊を巡業した劇団旗揚げ公演に関わる3人のうちのひとりでした。
杉澤靖昭さんは 2005年秋『NOSTALGIA 月と篝り火と獣たち」で、北九州の運河に建てられた巨大テント"海の砦"の舞台監督でした。以後、大仕掛けが増していく、2007『FLOWERS OF ROMANCE-花綵の島嶼へ』、2008『Noir 永遠の夜の彼方に』の舞台監督を務められた後、癌を患い、闘病生活を送りながらも水族館劇場へと顔を出してくれました。
入方勇さんは二十歳の時に芝居がしたくて北海道より上京。見世物小屋興行を起ち上げながらも水族館劇場の芝居に出演し続けました。
水族館劇場の音楽演奏として2010年より参加されている山本紗由さんが主宰される「箱庭コラァル」や、「混沌の首」での活動を伝える印刷物や映像。
古書信天翁


彗星ノ箱
展示: 故郷喪失展
日時: 11/20(日)〜26(土) 13:00 -22:00(日曜祝日 11:00 - 20:00) 月曜定休
KUMA☆山田 しげる☆鈴木 遊のまなざし
宮井 雅仁杉澤 靖昭入方 勇の呼ぶ声
山本 紗由の紅い糸
住所: 荒川区西日暮里 3-14-13
 
芝居: 公然たる敵 -ロストノスタルジア-
水族館劇場 <http://suizokukangekijou.com/>
日時: 11/24(木) 宵闇 19:00〜 
会場: 古書 信天翁 <http://www.books-albatross.org/>
Blue cat写真スタジオ <http://bluecat-s.com/>
小屋主: 古書 信天翁 <http://www.books-albatross.org/>
山崎 哲 <@books_albatross>
神原 智子 <@kgogoso>

水族館劇場、始動。

 水族館劇場が 2012年公演に向けて始動しました。2011年秋移動公演は劇団と馴染みの深い三カ所で一日限りの公演です。三カ所の会場では、芝居公演のほか、トークライブや写真展示なども開催されます。(2011.11.20〜12.3)
公然たる敵 -ロストノスタルジア-  公演決定!
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/11/post-52.html>
---
口火を切って開催されます『故郷喪失 展』の設営が 19日、古書信天翁に水族館劇場のスタッフが集まり、一夜を徹しておこなわれました。(2011.11.19)
公然たる敵 -ロストノスタルジア-
 
水族館劇場公演 公然たる敵 ロストノスタルジア 於★古書信天翁
<http://booksalba.exblog.jp/17043298/>
古書信天翁

アーカイブ

最近のブログ記事

OpenID対応しています OpenIDについて