野外劇&仮設劇場「水族館劇場」のテント芝居・構築リポート <2008-2012>

その他の地域の最近のブログ記事

【高円寺】 NoLaVo LIVE

高円寺のライブハウス「ペンギンハウス」へ、NoLaVo[ノラボー]のライブを聴きに行きました。
NoLaVo[ノラボー]
Vocal: ユーコ ユーゲ
Guitar,Chorus: 福田 ヒロコ
Guitar: マディ 山崎
Bass: 三田村 スグル
Drums: 田原 ケースケ
NoLaVo
 
ユーコ ユーゲさんの力強いボーカルを中心としたアダルトなロックバンド。
水族館劇場の音楽監督を務めるマディ山崎さんがギターで参加。ドラムには、水族館劇場 2010公演『NOMAD 恋する虜』の水晶宮楽団(クリスタルパレスバンド)にも参加されたの田原ケースケさん。
 
■ NoLaVo 「靴」 Live at Penguin House Koenji 20110529(Youtube)
<http://www.youtube.com/watch?v=O-elNsYIW8A>
 

 

江戸三大祭のひとつ、山王祭で知られる、日枝[ひえ]神社(千代田区永田町)に於いて、伊勢大神楽[いせだいかぐら]講社のひとつであります「加藤菊太夫組」(三重県桑名市)による、神楽奉納がありました。(2011.2.24)
日枝神社
 
毎年、国立劇場で行われる「国際民俗芸能フェスティバル」の出演のために上京された加藤菊太夫組の活動のひとつとして神楽奉納がおこなわれました。
昨年にも「国際民俗芸能フェスティバル」に招待され、神田明神に於いて神楽奉納がおこなわれたそうです。今年は山王 日枝神社への神楽奉納です。かつて山王祭に伊勢太神楽が参加したという記録があることから、加藤菊太夫組の神楽奉納は百数十年ぶりに日枝神社へ伊勢神楽が訪れたことになります。
 
伊勢大神楽[いせだいかぐら]は、厄払いを兼ねた、獅子舞と"放下芸[ほうかげい]"と呼ばれる曲芸を演じながら、各地を巡業する神楽師です。加藤菊太夫組は現在、6組あります伊勢大神楽講社のひとつです。
伝承される八舞八曲から、いくつかの舞と曲が披露されました。

水族館劇場」の女優、鏡野 有栖[かがみの ありす]さんの仕事はストリッパーです。「水族館劇場」の公園がない期間は、全国のストリップ劇場を踊り子・鏡乃 有栖として旅しています。鏡乃有栖さんが「シアター上野」に出演されていたので観に行きました。(2011.1.11〜20)
「水族館劇場」の路上芝居ユニット「さすらい姉妹」の名作『谷間の百合』では、"これからの池田和子(一条さゆり)"を何度も演じられています。
この日、観た 2ステージ目(毎ステージ演目を代えられているようです)は和装姿。可愛らしい着物に和傘を使ったキュートな踊りから一変、赤い着物とたすきを使った艶めかしい踊りに変化します。有栖さんの踊りはずば抜けて巧いというわけではありませんが、可憐から妖艶まで使い分け、情感細かな表現豊かな踊りです。目配りから足の指先に至るまで美しい動きです。
有栖さんの踊るさなか、どこからともなく『ワルツ』(友川かずき)〜『大道芸人』(あがた森魚)が聞こえてきた時、ふいにあの人のことが思い出されて旨が熱くなりました。あの人が亡くなられる直前、最後に挨拶を交わしたのが鏡乃有栖さんだったことを思い出し、なんだか入方さんへの鎮魂のための踊りに思えて仕方がありませんでした。
500円で撮らせてもらったポラ写真(デジカメですが)。ご本人をそのまま撮るのは照れ臭いので、中原蒼二さん(水族館劇場・制作)風に撮ってみました〜。
鏡乃有栖
 
kagaminoalice 鏡乃有栖の穴
<http://ameblo.jp/kagaminoalice/>
シアター上野
<http://www17.ocn.ne.jp/~t-ueno/>

【箱根ヶ崎】Flying Report.

ここは箱根ヶ崎(西多摩郡瑞穂町)の廃工場。
20110年 5月中旬〜 6月初旬、光源寺 駒込大観音(文京区駒込)で開催されます、本公演『NOMAD 恋する虜』の準備のため、この地で合宿しているのは水族館劇場・劇団員です。この場所で、小道具や衣装の制作、少しずつ出来上がるシナリオでの読み合わせが行われています。
まだ出演者全員が揃った合宿ではありませんし、仕掛けも"仕込み"程度でしたが、季節とともに少しずつ熱が上がっているのを感じます。
いつものように、4月中旬には駒込大観音で野外テントの建て込みが開始されますが、その下準備風景を、masaさん(kai-wai.jp)と見学に伺いました。この日のレポートはいずれ、『Kai-Wai 散策: 水族館劇場アーカイブ』に掲載されると思います。
今年の水族館劇場本公演、・・・いろいろ企んでいましたよ〜。
 
■ 水族館劇場 2010 (4)(Kai-Wai 散策
<http://kai-wai.jp/2010/04/-2010-4-1.html>
 
水族館劇場合宿

【浦和】見世物地獄〜!

人力俥 谷中音羽屋さんと調神社[つきのみや]に来ましたが、境内はたくさんの縁起熊手の市と、テキ屋の露店で溢れていました。中でも大きなテントが見えます。
見世物小屋とお化け屋敷です。
見世物小屋
 
見世物地獄レトロなお化け屋敷も見世物小屋も近頃は滅多にお目にかかれません。お化け屋敷からは延々と境内に響く叫び声が聞こえてきます。
見世物興行は現在では二軒しかないそうです。
■ (ウィキペディア(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/見世物小屋
 
おどろおどろしい『見世物地獄』のテント小屋。・・・見世物小屋から聞こえてくる声に聞き覚えがあります。

入方勇見世物小屋といえば・・・、そうです !「水族館劇場」にも単身参加しています、"カッパ君"こと、入方 勇さん率いる「入方興行」の"見世物地獄"です !!
蛇女、人間火炎放射、カッパのミイラ,,,etc,入場料 600円で、入れ替えなし。約 20分で一回りする演目形式で、演芸・奇芸、珍妙奇天烈な世界を繰り広げました。

司会に、芸に、フルスロットルで喋り倒す、怪人・入方さんでした。
火炎放射

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて