野外劇&仮設劇場「水族館劇場」のテント芝居・構築リポート <2008-2012>

古書の森の劇場の最近のブログ記事

古書の森の劇場

古書ほうろう 水族館劇場 2010公演『NOMADO 恋する虜』のプレイベントとして、「古書ほうろう」の宮地さんと早稲田大学坪内博士記念 演劇博物館の梅山さつきさんが企画し、実現した「高山宏 meets 水族館劇場『古書の森の劇場』が開催されました。(2010.3.20)
『古書の森の劇場』第一部は、さすらい姉妹『谷間の百合』の上演。
そして第二部は、明治大学国際日本学部教授・高山 宏先生(高山宏 - Wikipedia)を「古書ほうろう」に招いての講演会がありました。
 
安らぎの愛を求めながら金と男に翻弄された、昭和を生きたストリッパー・一条さゆり(一条さゆり - Wikipedia)を二人一役で描かれる『谷間の百合』。

鏡野有栖現役の踊り子でもある鏡野有栖(鏡乃有栖)さんの無垢な表情と妖艶な舞い、千代次さんが心の奥から絞り出す嘆きが、客席を惹きつけて離しません。
また、一条さゆりの寂しさを際立たせたのは、他の踊り子や男達の狂騒劇でした。
 
「Kai-Wai 散策」の masaさんが素晴らしい記事と写真を UPして下さっています。
関連リンク:
■ 古書の森の劇場(Kai-Wai 散策
http://kai-wai.jp/2010/03/-2010-4.html


第二部、高山宏さんは「さすらい姉妹」の芝居の如き、楽士と踊り子を引き連れての登場でした。
"綺想の学魔"とはよく名付けたものです。フランス革命や江戸の時代背景を引き合いに出したり、語源から演劇の深層まで、知識と想像力を駆使しながら、縦横無尽に語り尽くす高山宏さんの言葉はある意味、呪術のようでもありました。
Hiroshi Takayama

ほうろうと森の劇場

不忍通り、ある日の「古書ほうろう」(2010年 3月 16日)
古書ほうろう
 
そして一日だけ現れた「古書の森の劇場」(2010年 3月 20日)
古書の森の劇場

古書の森の劇場、まもなく

古書の森の劇場 2004年の釜ヶ崎センター・横(大阪市西成区)、2005年の浅草木馬亭、そして昨夏(2010)、早稲田大学キャンパスを震撼させた
水族館劇場路上ユニット「さすらい姉妹」の代表作『谷間の百合』が、千駄木「古書ほうろう」で再演されます。
実在したストリッパー、一条さゆりを二人の役者が演じます。
"あれからの一条さゆり"(千代次)と、"これからの池田和子"(鏡野有栖)が演じ、踊ります。
そして水族館劇場とさすらい姉妹『谷間の百合』をめぐり、高山 宏[たかやま ひろし]さんが講演します。(高山宏 - Wikipedia
 
古書の森に降り立つ、異端のエンターテイメント劇団と、博覧強記の弁舌家。
どのような世界が現れるのか・・・、どのような言葉が飛び出すのか・・・。
交わって何が生まれるのか・・・、
さあ、お立ち会い〜。

高山宏 meets 水族館劇場『古書の森の劇場』
 
開催: 2010年 3月 20日(土)
開場: 16:30〜
    17:00 さすらい姉妹「谷間の百合」上演
    18:00 高山宏 講演会
料金: 1,500円(予約制、定員50名
予約: 追加席予約受付のお知らせ!
    3月12日(金)正午より、電話、またはメールにて承ります。

    定員に達したため、予約の受付は終了いたしました。
当日:  当日券、販売いたします。
     昨日のゲネプロの結果、当日券の販売が決まりました。
     ただし、立ち見で、ステージも見づらいことをご了承ください。
     基本的には来てくださった方全員にご入場いただくつもりですが、
     危険を伴うと判断した場合、お断りすることもあります。
                          (3月18日 追記)

会場: 古書ほうろう <http://www.yanesen.net/horo/>
<http://www.yanesen.net/horo/info/detail.php?id=30>
住所: 文京区千駄木 3-25-5
さすらい姉妹

野稽古

2010年 3月20日(土)、千駄木「古書ほうろう」にて『高山宏 meets 水族館劇場「古書の森の劇場』が開催されます。
そのイベントの中で「水族館劇場」の路上芝居ユニット「さすらい姉妹」の代表作でもある『谷間の百合』が上演されます。
この日、定休日の「古書ほうろう」をお借りしてのゲネプロ(通し稽古)が行われることになりました。
ゲネプロが始まる前も、近所の須藤公園で芝居の練習を重ねる劇団員。公園での遊びをしばし休んで、珍しい芝居稽古に見入る小学生。
須藤公園 さすらい姉妹
 

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて