野外劇&仮設劇場「水族館劇場」のテント芝居・構築リポート <2008-2012>

公然たる敵 -ロストノスタルジア-の最近のブログ記事

公然たる敵 -ロストノスタルジア-
世界の運命に流される人々
  
がら(千代次)/姫草ユリ(鏡野有栖)
千代次 鏡野有栖
 
蛍(南瑞穂)/糸姫モヨコ(山本紗由)
南瑞穂 山本紗由
 
犬神チイ(上山薫)/菊池サヨコ(増田千珠)/ないしょさん(夕暮半蔵門)
上山薫 増田千珠 夕暮半蔵門
 
大黒天煙之助(杉浦康博)/空気先生(臼井星絢)
杉浦康博 臼井星絢
 
呉一郎(藤内正光)/殺し屋五郎(七ツ森左門)
藤内正光 七ツ森左門
 
面黒楼万児(赫十牙)
赫十牙
 
中島鉄子(麝香姫)/ぴかどん(風兄宇内)
麝香姫 風兄宇内

水族館劇場「公然たる敵 ーロストノスタルジアー」<彗星ノ箱>『公然たる敵 -ロストノスタルジア-』は古書 信天翁にて開催されました。古書 信天翁では開催中の『故郷喪失展』(2011.11.20〜26)に合わせて、水族館劇場2011秋移動公演『公然たる敵 -ロストノスタルジア-』が古書信天翁(2F)を受付にして同ビル、Blue cat 写真スタジオ(3F)にて開演しました。(2011.11.24)

水族館劇場「公然たる敵 ーロストノスタルジアー」@日暮里 古書信天翁Mの日記@古本T
「公然たる敵 -ロストノスタルジア-」信天翁へ!水族館劇場NEWS
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/11/post-55.html>
<http://tmasasa.exblog.jp/17080101/>
水族館劇場「公然たる敵 ーロストノスタルジアー」

赤い木馬の記録

akaimokuba
 

ヒグラシ文庫逗子 水族館劇場2011秋移動公演『公然たる敵 -ロストノスタルジア-』<真珠ノ箱>は、ヒグラシ文庫 店主邸(神奈川県逗子市)にて開催されました。(2011.11.23)
鎌倉と逗子の中間あたりにある寺の参道沿いに建つ一軒家に日暮れを待って集まる人たち。約 25年前に筑豊を大八車で巡業する水族館劇場旗揚げ公演の映像が流れた後、ヒグラシ文庫店主 中原蒼二さんの挨拶を経て、芝居『公然たる敵 -ロストノスタルジア-』、その後に「ストリートの思想(仮題)」と題されたトークライブがありました。

流れの看護婦、時間を彷徨う女、癲狂院[てんきょういん]に閉じ込められる孤児と女優志望、そして怪しい精神医。浜川崎で鉄工所を営む母娘。津波に助けられた精神病患者と救助人。そして精神病患者を世話していた女、精神病官女の夢に見る女。精霊の森の魔王と子分。・・・こうした一見、つながりのない登場人物達がそれぞれの人生の中で大地震に直面し、物語は絡み合い、触発しはじめます。
真珠ノ箱 公然たる敵 -ロストノスタルジア-,水族館劇場 公然たる敵 -ロストノスタルジア-,水族館劇場
 
「公然たる敵 -ロストノスタルジア-」開幕!(水族館劇場NEWS
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/11/post-54.html>
■ 公然たる敵〜ロストノスタルジア〜/水族館劇場(白い象 -Caesar Blanca
<http://d.hatena.ne.jp/caesar-blanca/20111124>
水族館劇場「公然たる敵 ーロストノスタルジアー」@逗子ヒグラシ文庫Mの日記@古本T
<http://tmasasa.exblog.jp/17066904/>
公然たる敵 -ロストノスタルジア- 公然たる敵 -ロストノスタルジア-,水族館劇場 公然たる敵 -ロストノスタルジア-,水族館劇場
 
公然たる敵 -ロストノスタルジア-,水族館劇場

水族館劇場、始動。

 水族館劇場が 2012年公演に向けて始動しました。2011年秋移動公演は劇団と馴染みの深い三カ所で一日限りの公演です。三カ所の会場では、芝居公演のほか、トークライブや写真展示なども開催されます。(2011.11.20〜12.3)
公然たる敵 -ロストノスタルジア-  公演決定!
<http://suizokukangekijou.com/news/2011/11/post-52.html>
---
口火を切って開催されます『故郷喪失 展』の設営が 19日、古書信天翁に水族館劇場のスタッフが集まり、一夜を徹しておこなわれました。(2011.11.19)
公然たる敵 -ロストノスタルジア-
 
水族館劇場公演 公然たる敵 ロストノスタルジア 於★古書信天翁
<http://booksalba.exblog.jp/17043298/>
古書信天翁

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて