野外劇&仮設劇場「水族館劇場」のテント芝居・構築リポート <2008-2012>

NOMAD 恋する虜の最近のブログ記事

やぶれ船、跡を濁さず

水族館劇場 2010公演『NOMAD 恋する虜』のために建てられた特設テント 蜃気楼劇場"水邊の廃園"は、4月 16日より建て込みを開始し、二ヶ月後の 6月 17日に完全撤去されました。
土の上にネジひとつ、針金一本残さず清掃し、水族館劇場の2010公演は幕を下ろしました。
光源寺
 
・・・とはいうものの、残った劇団員らは、撤去作業に引き続いて 7月 9,10日に光源寺で開催されます「駒込大観音 四万六千日 ほおずき千成り市」のために、テントの建て込みを開始していました。
光源寺

梅雨入り

水族館劇場 2010公演『NOMAD 恋する虜』、全 13回の公演が終了して一週間。6月 14日、関東地方は梅雨入りしました。
劇団員らは疲労の色を滲ませながら、雨の中の撤収作業が続きます。
光源寺

休みなく

水族館劇場 2010公演『NOMAD 恋する虜』は、一日も休むことなく最終日までセットの作り込みが続き台詞やシーンが増えて、日ごと完成度を増していきました。朝、7時から大道具やセットの制作、午後遅くからは美術制作と平行して、芝居の稽古。夜は各自、就寝まで、新たに加筆されたり修正された台詞を覚えます。
 
公演最終日翌日からは、休むことなく撤去作業が開始されました。
撤収作業二日目。すでに広場や舞台ののセットは解体されていました。
水族館劇場
 

此の世の外まで

光源寺水族館劇場 2010公演『NOMAD 恋する虜』、全 13回の公演が無事終了しました。
--- プロローグより ---
■ YouTube
・水族館劇場:NOMAD 恋する虜 <http://www.youtube.com/watch?v=lsKPrTPGCx0>
・ NOMAD <http://www.youtube.com/watch?v=lpgMRpOMvZ8>
---

 
駒込大観音・水邊の廃園を、魔界からの使者・百学の悪魔(高山 宏)が俯瞰する。
高山宏

はぐれた蝶が

嘆きの天使たち くちびるに歌 もののあはれ 胸に匕首
この世の涯てに あるという 盗まれた街 夢見ながら

まだらの蝶が 時を越えるよ 水邊の廃園に 消えてゆく
まだらの蝶が 時を越えるよ 水邊の廃園に 流れていくよ
まだらの蝶
 
まぼろしの 赤い木馬 恋心 かすかに届く
海の底へと 繋がれた 赤い糸 手繰りよせられて

はぐれた蝶が を越えるよ 水邊の廃園に 消えてゆく
はぐれた蝶が を越えるよ 水邊の廃園に 流れていくよ

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて